Windowsサーバーの導入時に気にしないといけないこと

Windowsサーバーの導入

Windows Server 2016にはいくつかのエディションが用意されています。
大きく以下のような用途とエディション名になります。

  1. Datacenter:仮想化環境(Hyper-V)向けエディション
  2. Standard:非仮想化環境として、やや小さめの規模向けエディション
  3. Essentials:中小企業向けの25ユーザ及び50デバイスの接続ライセンス付きエディション

2016は、CPUに内包するコア数単位でライセンスを購入しなければなりません。1ライセンスで2コア分となっています。さらに「1CPUあたり最低8コア分は購入すること」及び「1サーバあたり最低16コア分は購入すること」という条件があり、最低でも16コア分買わないといけません。

Windows Server 2019 ライセンス & 料金 | マイクロソフト
ビジネス要件にあった最適なエディションを見つけるため、Windows Server のライセンスと料金を確認します。

マイクロソフトの価格とライセンス体系の概要を見ると、価格はすごいことになっています。

  • Datacenterが1,184,000円
  • Standardが169,600円
  • Essentialsが96,200円

そして、Datacenter及びStandardの場合には後述するCALが必要になってきます。なぜなら、Essentials以外はクライアント側の接続ライセンスが1本もついてこないからです。しかし、サーバを構築しておいてクライアントは0です、ということはまずありませんので、CALは必ず必要になってくるということです。しかしこのCALは、サーバ1台に付き必要分買うのではなく、Windowsサーバが何台立っていようが、接続するユーザ数分もしくはデバイス数分買えば良いのです。それで、その数分のユーザなりデバイスはWindows 2016かそれ以前のWindowsサーバにいくらでも接続出来るようになります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました