APRESIA MACアドレスで認証バイバスを設定するコマンド

認証関係

APRESIAの認証を使っている場合、プリンタ等の機器をネットワーク接続するとき、認証行為が行えない。そのため、あらかじめ機器のMACアドレスを登録することで、認証をバイパス(別ルートで認証)する事ができる。

その方法を備忘録のため、記しておく。

telnet IP_addressでプリンタ等機器をつなぐイーサネット口の接続があるAPRESIA機器に接続する。

IDとパスワードを入力してAPRESIAにログインする。

enでモード変更。

conf tでコンフィグモードに。

sh runで設定内容を確認する。

packet filter2とする。

使われていない数字(xとy)で始まるIDで、MACアドレスを登録

x y condition src mac 74:ac:00:11:22:33
x y action authentication-bypass

MACアドレスはプリンタのものを記入します。

再度sh runで設定が記録されていることを確認。

end2回で抜ける。

最後にメモリとSDカードに記録を残す。

write memory

copy runnning-config memory cardconf.cfg

exitでtelnet接続を切る。

タイトルとURLをコピーしました