Windows 7でWindows XPを使うには

NO IMAGE

Windows XP対応

マイクロソフトによるWindows XPのサポート終了から、Windows XP対応のソフトウェアが使いづらくなってきました。セキュリティの問題もさることながら、スタンドアローン環境でも、Windows XPを走らせられるPCが少なくなってきました。

しかしながら、現場ではWindows XP対応のPCの要望がまだまだ少なからずあります。

情シスとしてこの要望にどう答えたらいいのでしょうか。基本的には、Windows 7のWindows XPモードで答えるのが一番楽な気がします。そこで、今回はWindows XPモードについて説明したいと思います。

Windows XPモードとは

XPモードのインストールより

Windows XP モードとは、Windows 7 Professiona l/ Ultimate / Enterprise に提供される仮想デスクトップ機能です。仮想デスクトップとは、「Windows Virtual PC(仮想デスクトップ)」上で、他のオペレーションシステム Windows Vista や Linux系 OS を起動させることができます。Windows XP modeでは、Windows 7 では利用できないアプリケーションソフトが、使えるようになります。

Windows XP モードの利用にあたっては、パソコンの CPU が Intel VT や AMD-V といった仮想化支援機能を、サポートしていることが前提になります。パソコンの CPU が対応しているかわからない場合は、チェックするプログラムが準備されているので、簡単に調べられます。

また、Windows XPモードのインストールに、17GB程度のディスクの空き容量が必要です。